信天翁(あほうどり)の放浪記

旅行、B+級グルメ、大衆酒場・居酒屋に、いろいろなことにぶらぶらと放浪しているアホウドリ。東京の北区のお気に入り(東京都北区情報)、あちこちのランチ・グルメ情報、ただしB級グルメ(お茶の水、新橋、その他B+級グルメ)、東京都内の大衆酒場・居酒屋の飲み歩き(千鳥足探検隊)、旅先でひろった地元の情報(股旅日記)、その他海外旅日記など気ままに書いてます。食べ歩いた店には、一人で入りやすいかどうか(おひとり様℃)や満足度を星印にして勝手につけています。(-_-;)雑記(イベント情報、映画情報)もあります〜。記事は書き溜めておいて順次投稿していますのでタイムラグがあることがあります。お店などに行くときには必ず事前にご確認ください<(_ _)>
 
正味亭 尾和     繁盛店ではありましたが、、     東京都港区新橋
 新橋にて昼食です。いつも、ニュー新橋ビルと新橋駅前ビルは、さまよえる昼食難民のサラリーマンにといってオアシスのようなところ。今日は、新橋のSL広場にあった「尾和」が駅前ビルに引っ越したと聞いてお邪魔です。2階に移転と聞いて階段を上ると、ありました!奥の方にかすかに見える看板が!たぶんあそこだろうと歩みが早まります。お店の入り口で、料金は前金制で支払います。12時10分入店、生憎の満席状態ですが、混んでいるときは相席が基本らしく、6人用のテーブルの5人の先客の端っこに案内されます。これはアウエー感が半端ないですね。サムライジャパンも外国ではこんな雰囲気で戦っているのか?お客さんはひっきりなしに来ているようなのでしょうがないと言えばしょうがないのですが、少々詰め過ぎではなかろうかと?テーブル2人用19卓程度でカウンター席なしなので「おひとり様」には使いにくい店のようです。入り口を入って右奥が厨房、左にテーブル席となっています。内装はお金をかけませんでしたという感じの内装?

 本日の注文 メカジキのバター焼き900円

 お昼のメニューは、メカジキのバター焼き900円、豚生姜焼き900円、盛り合わせ1000円(生姜焼きと焼き魚、ささみカツ)鮭腹身焼き950円、鯖文化干し850円、マグロ尾身ステーキ1000円、カキフライLサイズ4個950円となっています。お冷にはレモンスライスが入ってほのかに味がする。お冷をもみながら待つこと20分、ものが出でくるまで時間がかかる。急ぎの時には使いにくい感じですね。この店のお勧めは「盛り合わせ」のようです。生姜焼きと焼き鮭、ささみかつが一緒盛りになっているもので一つ一つが定食で一本立ちできるのにこれが束で襲いかかつて来るようなもの。これか人気の秘密は!などと思っていると、メカジキのバター焼きも厚めのメカジキが手のひらサイズの大きさでどーんとでてまいりました。これは、、、旨い。けど量が半端ないです。牛ステーキだったらギブアップしそうなサイズ
です。午後は眠くなりそうですね。今日も完食です。ご馳走様(^_^)

正味亭 尾和
 東京都港区新橋2丁目20-15 新橋駅前ビル1号館2階
  п@03-6264-5033
       平日 11時半〜14時 17時〜24時  土 17時〜23時
        日祝休
      https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13198386/  

       おひとり様℃        ☆
       雰囲気           ☆☆
       味             ☆☆☆☆
       量             ☆☆☆☆
       コストパフォーマンス    ☆☆☆☆







太樹苑 新橋店     コロンとしたハンバーグは絶品   東京都港区新橋
内幸町に近い焼き肉屋の「太樹苑」にてランチです。焼肉屋のランチといっても焼肉定食ではなく、お昼のメニューは、ローストビーフ丼980円、ロースかつ膳980円、プルコギ膳980円、ハンバーグ膳880円、牛すじ煮込み膳880円、ビーフシチュー膳980円、純豆腐膳880円のラインアップでどれも1000円くらいで食べられます。店内は和風の感じで、生成り色のベンチイート、焼肉屋のコンロ付きの 木製テーブルで落ち着いた雰囲気です。
込み合ってくると相席にしてくれますが、比較的ゆったりとした配席になっていますので相席者にあまり気兼ねはいらない感じです。

本日の注文 ハンバーグ膳 880円

本日はハンバーグが食べたい気持ちで、実は、ニュー新橋ビルの万世に行ったのですが長蛇の列で急きょ転進だったので、初志貫徹でハンバーグを注文。新橋はいろいろな店があるのでこういったときは便利です。ハンバーグは、おろしソースと、デミグラスソースが選べるそうで、今回はデミグラスソースをお願いしました。ハンバーグはコロンとした紡錘形の形で、たっぷりのソースに卵が落とされ鉄板皿で熱々になって出てきました。自家製ハンバーグとうたっているだけに自信があるのかかなり大きなハンバーグで肉汁がじわっと出てきます。これをデミグラスソースと卵に絡めて食べます。うまいです。プルコギ膳もおいしそうですね。次回はこれにしてみましょう。今日も完食です。ご馳走様v(^^)v


太樹苑 新橋店
東京都港区新橋2-3-7
п@03-3539-4129
11時半〜14時半  17時〜24時  無休
 https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13165257/

 おひとり様℃      ☆☆☆☆
 雰囲気         ☆☆☆
 味           ☆☆☆☆
 量           ☆☆☆
 コストパフォーマンス  ☆☆☆☆







三陽 ラーメン、半チャーハンはサラメシの王道です     東京都港区新橋
新橋にてランチ。今日は、ラーメン・チャーハンのサラメシの王道が食べたくなり三陽へ。新橋2丁目の路地にある三陽ですが、看板にはラーメン・タンメン・餃子と書いてあります。餃子とか野菜合炒めなどはありますが、ほぼ中華料理屋ではなくラーメン屋と考えていいようです。お店は入って右が厨房、厨房前がカウンター6席左の壁際に2人用テーブル×3、奥に4人用テーブル×1です。奥さんがお運び、旦那さんが調理をやっています。

 本日の注文 味噌ラーメン+半チャーハン 780円

 ラーメン・半チャーハンは、本来は850円ですが、本日はサービスで780円だそうです。ラーメンは、塩、しょうゆ、みそ、タンメン、チャーシューメンなどいろいろと種類があり右側の壁に貼ってあるお品書きには、たくさんのメニューが載っています。例えばタンメンは560円!なんと良心的なお値段でしょう!昼の混雑時ともなれば、店の中に中華鍋をあおるカチャカチャという音が景気よく響き渡ります。数分でラーメンから先に到着、遅れる事2分ほどでチャーハンも追いつきます。ラーメンは、まずスープからいただきますと、味噌にしては少しあっさりしている感じがします。まあ、これは旨いというわけではありませんが食べ飽きない庶民の味とでもいえばいいしょうか?味噌ラーメンの具材は肉野菜炒めでした。炒飯の方はといえば、こればぱらっと仕上がっていてさすが、あの中華鍋のあおり方は無駄ではないというしろもの。やはりチャーハンは強火でいっきに仕上げないとこうはなりません。
今日も完食です。ご馳走様(^_^)

三陽
 〒105-0004
  東京都港区新橋2-13-4
   п@03-3591-5957   11時〜23時 
  https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13038274/

   おひとり様℃      ☆☆☆☆☆
   雰囲気         ☆☆
   味           ☆☆☆
   量           ☆☆☆
   コストパフォーマンス  ☆☆☆







髭  盛岡冷麺うまぁい    岩手県盛岡市
盛岡まで出かけたついでに、折角だから名物の冷麺を食べて帰ろうという気分になって「髭」にいってまいりました。今までは「ぴょんぴょん舎」でしたが、たまには違うとお店でもいいかなと思い、地元の方にお伺いしたところ、大同苑か髭がいいとのことでしたので、今回は髭にお邪魔です。お昼時とあって店内は結構な混み様ですが、運よく1階の座敷に同行人と一緒に上り込みました。駐車場に車を止めて外に出ると焼肉のいい香りがプンプンと匂ってきます。落語じゃないけどこれだけでご飯が食えそうです。

 本日の注文 冷麺 大盛り 870円+税=940円

 冷麺ができるまでの楽しみとして焼肉5点盛り2000円を追加して食べながら、冷麺の到着を待つことにしました。この焼肉も肉が柔らかく幸せな気分にしてくれるものでした。焼肉が食べ終わる頃に冷麺の到着。少々時間がかかります。というのもお店のこだわりとして冷麺は、麺のコシが命!注文が入ってからその都度、てこねで生地から麺を打つそうです。てこねの麺は少し太めでコシが強いものです。また、スープですが、牛スジ、野菜等の具材を煮込んでつくられた、ちょっと甘みがあるスープです。さらに、冷麺に入れる辛みのカクテキは別盛りの器にはいってきます。これも岩手産の野菜を使い独自の調味料で仕上げたもの、かなり辛いですのでくれぐれも入れ過ぎに注意しましょう。私はスプーンで山盛り一杯でしたがかなり辛くなりました。さらにさらに大盛りはかなりの量があります。食べごたえ抜群です。場所は繋十字路の交差点のところを目指してください。駐車場は広くかなりの台数がとめられます。


 〒020-0055
  岩手県盛岡市繋字尾入野47-15
   п@019-689-2805 FAX 019-689-2805
    11時〜22時  木休
    http://www.yakiniku-hige.jp/index.htm







大阪王将 ビーンズ赤羽店    高架下に二つの王将  東京都北区赤羽
 赤羽のJR高架下には、東側に「餃子の王将」と西側に「大阪王将」があります。大阪王将に初めて女房殿とお邪魔です。夜の7時半ころに到着ですが、夕飯時とあった店内は混雑していましたが、奥の方に席を確保できました。まずは、ビールを注文、やはりのどが渇いているときの生中(390円)は旨いですね。初めてなので、素直に女性の定員さんにどの料理が売れ筋なのかを聞いたところ、「1番は、たこ焼き風ソース餃子、2番は、ネギ盛り餃子ですね。」とのこと、元祖餃子を入れて餃子3人前を注文です。件の店員さんに「何か早くできるもので人気なのは?」と聞くと「クラゲとハムの冷菜もやしのピリ辛炒めが良く出ます。」とテキパキと答えてくれます。クラゲとハムの冷菜を追加です。
元祖餃子260円 → 皮がパリッと仕上がっていて香ばしい。
たこ焼き風ソース餃子 300円 → マヨネーズがかかりもっちりしていて、紅ショウガが効いている。
ネギ盛り餃子 300円 → ネギがたっぷり盛られていてもっチリとした食感
クラゲとハムの冷菜 300円 → 醤油と酢でさっぱり系
というよう感じで結構旨いつまみが食べられます。ご飯もの、麺類もあるので夕飯を食べに来ているお客さんも周りを見るといるようです。お酒が進み、女房殿は生ビール、私は「濃いハイボール」380円を追加です。ところがこの濃いハイボールの濃いのなんのって、お酒の分量を間違えてませんかこれ?これで標準ならかなり出血サービスかと。ということでムーシーロ―(木須肉:木耳と豚肉、玉子の炒め物)560円を追加です。こちらも
味は悪くありませんでした。1時間ほどの滞在で〆て3530円。「餃子の満州」もあればないいのに?

大阪王将 ビーンズ赤羽店
 東京都北区赤羽1-1-1
 п@03-5249-3100
  








[ 1 - 5 件 / 1851 件中 ] 次の5件 >>