信天翁(あほうどり)の放浪記

旅行、B+級グルメ、大衆酒場・居酒屋に、いろいろなことにぶらぶらと放浪しているアホウドリ。東京の北区のお気に入り(東京都北区情報)、あちこちのランチ・グルメ情報、ただしB級グルメ(お茶の水、新橋、その他B+級グルメ)、東京都内の大衆酒場・居酒屋の飲み歩き(千鳥足探検隊)、旅先でひろった地元の情報(股旅日記)、その他海外旅日記など気ままに書いてます。食べ歩いた店には、一人で入りやすいかどうか(おひとり様℃)や満足度を星印にして勝手につけています。(-_-;)雑記(イベント情報、映画情報)もあります〜。記事は書き溜めておいて順次投稿していますのでタイムラグがあることがあります。お店などに行くときには必ず事前にご確認ください<(_ _)>
 
さなぎ       東南アジアの屋台?        東京都新宿区
新宿駅の南口の大階段を下りた甲州街道の高架下のニッチなところにできた「さなぎ」、休日に新宿に出会かけた際にお昼の腹ごしらえに立ち寄ってみました。お昼のメニューは、ヌードルやカレーなど1000円くらいのものがあ多いです。椅子席もありますが中央部は座敷になってます。なにか香港、台湾あたりの屋台が集まったフードコートのような感じです。天井には色とりどりのランタンがぶる下がり一層アジアンな雰囲気を醸し出しています。

 本日の注文 バターチキンカレー 1000円

お店のシステムは、まずキャッシャーで注文して、カウンターで料理を受け取る方式です。カウンターの中には結構な人数がいるのですが、お金を払ってから手際が悪いのか料理が出てくるまでに時間がかかるせいで、長蛇の列ができてしまいます。幸いここがバッファーになるのか比較的席は空いています。
バターチキンカレーは、これはうまいという感じではなく、よくも悪くも普通の味でした。
新宿でも1000円出せばランチで本格的なカレーが食べられることを考えると、あまりかれーはおすすめできませんね〜。

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目35番6号 (新宿駅南口改札でたところ道路高架下)
п@03-5357-7074
11時 〜 23時半
http://sanagi.tokyo/







かわいい動物のお饅頭 とんだりはねたり  大宮駅にて
大宮駅での乗り換えの際にエキナカ店で見つけたお饅頭、あまりにもかわいいので家族のお土産に購入しました。1個120円、一口で入る小さなサイズですが、じっと見ていると食べるのをためらってしまうような愛らしさがあります。十勝甘納豆の関連会社のようです。







福は内     地下に降りていくとそこには   東京都港区新橋
「福は内」は表通りから少し入った路地の地下にあるお店です。階段を下りていくと地下には、あれまあ、こぎれいな割烹があるじゃありませんか!お店は、入り口の左側にカウンター8席、右にテーブル席4卓、計24人のキャパです。お昼のメニューは、黒毛和牛温しゃぶしゃぶ、マグロ丼、刺身、すき焼き、ブリ照り焼き、海鮮丼が各1000円です。たぶんフロア係のお母さんと調理の息子さん二人で切り盛りしているお店です。久保田や不にせなどがメニューに並び、お酒、焼酎も豊富のようです。夜には、鱧しゃぶコース6000円. 8000円.鳥すきコース5000円、おまかせコース5000-10000円とリーズナブルなコースがありそうです。カウンターに座れました。

本日の注文  ぶり照り焼き  1000円
 
注文すると、「これか焼きますので少し時間がかかります。」とのこと。注文の到着は10分くらいかかりました。ぶりは脂がのっている大き目の切り身が二切れ、そして焼きたて!うまくないはずがありません。付け合わせは小女子の佃煮、卯の花、箸休めのお新香、みそ汁はキノコと三つ葉の味噌汁で香りがいいです。小鉢は冷やっこでした。少し待った甲斐があった、むしろ得したという印象です。福は内、口福は店の中にあり!
今日も完食です。ご馳走様p(^-^)q

福は内
東京都港区新橋2-2-3 裕芳ビル地下1階
п@03-3503-8233
11時半〜14時  17時〜23時 土日祝休
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13034412/

おひとり様℃     ☆☆☆☆☆
雰囲気        ☆☆☆☆
味          ☆☆☆☆
量          ☆☆☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆☆







美女と野獣(Beauty and the Beast)
日本語吹替版でみてきました。エマ・ワトソンがやはりきれいだな〜という印象ですね。古典ながら楽しむ事ができる。逆かもしれませんね。古典だからよくストーリーができているので飽きずに最後まで見られるということかもしれません。ミュージカルになっているので日本版キャストも以下のようにミュージカルで活躍している面々がそろっていますので聞きごたえがありました。私が好きな高谷あゆみさんが出ていたはずなんですがなんの役だったのか?エンドロールで気が付きました。

<キャスト>
 ベル → エマ・ワトソン(昆夏美)
 野獣 → ダン・スティーヴンス(山崎育三郎)
 ガストン → ルーク・エヴァンズ(吉原光夫)
 モーリス(ベルの父) → ケヴィン・クライン(村井國夫)
 ル・フウ → ジョシュ・ギャッド(藤井隆)
 ルミエール(燭台) → ユアン・マクレガー(成河)
 コグスワース → イアン・マッケラン(小倉久寛)
 ポット夫人(ティーポット) → エマ・トンプソン(岩崎宏美)
 チップ (ティーカップ)→ ネイサン・マック(池田優斗)
 マダム・ド・ガルドローブ(衣装ダンス) → オードラ・マクドナルド(濱田めぐみ)
 マエストロ・カデンツァ(チェンバロ) → スタンリー・トゥッチ(松澤重雄)
 プリュメット(鳥型のはたき) → ググ・バサ・ロー(島田歌穂)
 アガット(魔女) → ハティ・モラハン(戸田恵子)

(あらすじ)
 森のお城に、傲慢な王子が住んでおり、人々に重税をかけながら自分は毎夜舞踏会を開くなど贅沢を尽くしていた。 ある晩、舞踏会の最中にお城に、みすぼらしい老婆が一夜の宿を求めて王子に一輪のバラの花を差し出すが王子は嘲笑い 追い払おうとしてしまう。ところがこの老婆は魔女であり、王子とお城に呪いをかける。その呪いは、王子を野獣に変え 召使をカップや燭台、時計に変えるものであり、赤いバラの花が全て落ちる前に真実の愛を王子が見つけない限り、永遠に 元の姿に戻れないし、人々から城の存在等を忘れさせるというものであった。
 森の外の集落に時計職人のモーリスと娘のベルが住んできた。ベルは、美貌の持ち主であったが読書好きであり街の皆からは 変わり者で通っていた。ハンサムだがガサツで傲慢なガストンはベルに惹かれてしきりに求婚するが、ベルはそんなガストンに 嫌気が募っていた。
 モーリスが街の市場に完成した仕掛け時計を売りに出かけた日、森で道に迷い、王子の城に泊めてもらおうとするが、カップが口を利くのでお化け屋敷と思い逃げ出す。その逃げだす途中でベルに約束したバラ一輪を庭木からとったために、野獣の怒りを かい、牢に幽閉されてしまう。ベルのところには馬だけが戻ってきたのを見てベルはベルは父を探しに行く。








やきとんのみつぼ 池袋店   千ベロ\(^O^)/     東京都豊島区池袋
池袋の本屋のジュンク堂の横の路地にある「やきとんのみつぼ」にお邪魔です。この店、本当に3坪の店から始まったので「みつぼ」という名前になったとか。お店は、路地に面して路上に?立ち飲みコーナー、入り口を入ると正面がカウンター。左側にテーブル席が並び奥が厨房となってますが、一人当たり専有面積がかなり狭いのが難点です。

 まずは、ビールで乾杯です。ハツ刺し、マカロニサラダ、キャベツ、豚足のから揚げを注文、ホッピーセットを追加。ハツ刺しは生臭さもなく柔らかくするっと食べられます、豚足のから揚げはニンニクが聞いていて、骨を出しながらハフハフといただきます。がつ刺し、焼きとん、煮込みを追加、もちろんホッピーも追加。がつ刺しもポン酢が効いてさっぱりとしていて、焼きトンも歯ごたえがありうまい。2人で7000円弱、ご馳走様(^-^)b

やきとんのみつぼ 池袋店
東京都豊島区南池袋2-16-1 長岡ビル1階
п@03-3988-1396
16:事半〜24時
日祝・お盆・年末年始休
http://www.tonton-mitubo.jp/







[ 1 - 5 件 / 1848 件中 ] 次の5件 >>