RMM(The Road To Master Of Music)

楽器をマスター&個人的に音楽について興味ある事と今の気分で聞きたい曲
 
2015/05/05 14:40:03|LIVE
Paul McCartney OUT THERE JAPAN TOUR 2015
もうだいぶ日にちが経ってしまいましたが
4月23日にポール・マッカートニーの
ライブを観に東京ドームへ行ってきました。

去年は中止になったのですが
国立競技場ラストという事で盛り上がったため
また東京ドーム?と思いましたが
ポールを生で見れるだけでもありがたい
そういう気持ちですね。

オープニング曲は 
マジカル・ミステリー・ツアーでした。
セットリスト的には、アンコールなど
ほぼ前回と変わりませんが
伝説の人と同じ空間にいる事が
生で演奏して歌っているのが
奇跡を体験していると言っても
大袈裟ではないと思いました。
ステージのポールか気さくな人柄なので
超大物感は薄れますが、オーラはありますねー。

東京公演初日で
大阪ドームで一度声を出しているのか
前回2年前よりも声が出ていたような。
しかもアンコールまで水も飲まずに
歌いっぱなしというのが凄いです。
ウイングス時代は他のメンバーが歌う時は
休めたのですが、年齢的な事(72歳)
考えればますます元気になっているようです。
今回は日本語のMCも増えて
より距離が近づいた感じがしました。

毎回今年が最後かな〜と思って
高い入場券も惜しんで観にいくわけですが
アンコールラストの
アビーロードメドレーのThe Endで
ビートルズの時同様、最後のお別れならば
出来過ぎな感じもするので
30曲以上も歌わなくていいから
また元気なうちにライブに来てほしいですね。

ポール素敵な時間をありがとう











2015/01/03 15:08:04|音楽レビュー
Best AlwaysとJuke Box
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

去年の最初の書き込みは
大滝詠一さんの死去の話でしたが
もう1年経つなんて信じられません。

12月30日にNHKのラジオ(AM)で
「日本語のロック50年〜はっぴいえんどが拓いた世界」
では、ほとんど大滝さんの曲がかかり
その番組の終了後NHK BSで
「風街ろまん」のドキュメントが放送され
命日にあわせたかのプログラムに感慨無量でした。
レコード大賞でも特集が組まれたようですね。

先月発売された「Best Always」は
全ての音楽キャリアが俯瞰できる
オールタイムベストで初心者からコアなファンまで
楽しめる作りになっているのが素晴らしい。
多分ガイドボーカルで録音したような
「夢で逢えたら」の本人歌唱バージョンが
味わい深くてお気に入りになりました。

初回限定でカラオケが付いていますが
ボーカルがないと主人のいない家を覗いているようで
寂しい気持ちになりましたね。

大滝詠一のジュークボックスは
エルビス編、ワーナー編、ユニバーサル編で
ルーツや元ネタを垣間見るということでは
マニアックなアルバムなのですが
何であの曲が無いのとかと疑問でしたが
所有しているジュークボックスに入っている
曲が中心のために、B面の曲が多いのも特徴で
全体的にやっぱりポップでドリーミな曲が
好きなんだなと思いました。








2014/10/12 15:59:00|LIVE
BOSTON LIVE

前回の日本公演から35年ぶり
もう二度と見られないと思っていた
ボストンのライブ(10/2)を
観に行ってきました。

35年前も好きだったボストンですが
当時中学3年生で受験などで
観る事が出来なかっただけに
本当に感慨無量な気持ちです。

今回は35年前観に行った人と
一緒に観に行きました。
当時は巨大なパイプオルガンが
あったようですが、今回は無く
巨大なBOSTONのロゴ入りのドラはありました。

T曲目の名刺代わりのロックンロール・バンドから
バラード系よりもノリの良いおなじみの曲が続き
今回はほぼアルバムの音に忠実でしたね。

それにしてもトム・ショルツの独特な
ギター&キーボードの音はまさにオンリーワン。
それが生で聞けたのは感動しました。

デビューの時のメンバーはトム以外はいませんが
ボーカルのトミー・デカーロは前のボーカルと
声色が似ているので違和感なく聞けましたし
女性メンバーもいるのが新鮮でした。

トリプルギターは圧巻ですが
アルバムの音を再現するのに
キーボードからギター
エレキからアコギに持ち替えていて
やっぱりそうかぁ〜と思いました。

初日でグッズが買えなかったので
最終日の9日にまた武道館に行って
Tシャツなどを買いました。









2014/08/16 22:26:00|イベント
A HARD DAYS NIGHT
ビートルズのA HARD DAYS NIGHTの
ブルーレイ発売を記念して
8月15日のみTOHOシネマズ全国6館限定で
特別上映会が行なわれました。

関東は横浜と六本木だけなので
TOHOシネマズ六本木ヒルズに行ってきました。
16時の回は上映前にトークショーがあり
タモリ倶楽部等でおなじみの渡辺祐氏を司会に
ゲストはどぶろっくとおのののかさんでした。
なんでこの2組が?という感じでしたが
マスコミの取材の数にびっくり。
やはりどぶろっくはお約束の
もしかしてだけど〜の下ネタを披露していましたが
ア・ハード・デイズ・ナイトを歌っている時は
本当に歌は上手いんだな〜と思いました。

この映画は何十回も見ているのですが
映画館のスクリーンで見るのは初めてで
DVD版でもかなり満足していましたが
ブルーレイはより画質が良いという事でも
逆に画面が少し暗いような(映画館の環境?)
ステレオ音声なのか音楽の場面になると
急に音が大きくクリアになったり
字幕の日本語訳とか
いくつか気になる所はありましたが

何度見ても50年前に作られたとは思えない
新鮮で古びていない映像&音楽と
なによりもビートルズが等身大で
自然に芝居をしている事に感動します。
VHSもLDもDVDも持っていますが
今回も特典映像もありますし、
購入するのを迷ってしまいますね。








2014/07/31 18:01:00|音楽レビュー
氷の世界40th Anniversary Special Edition
井上陽水のアルバム氷の世界の
発売40年記念盤を買いました。

当時日本のアーティストで初めて
100万枚を突破したミリオンセラーアルバムが
リマスター&DVD付きで発売されて
収録曲には何曲か知っている曲もありますが
アルバムは持っていなかったので
今回初めて通して全曲を聞きました。

最初の3曲がメドレー形式で繋がっているのが
ビートルズ(ポール)みたいだなと思いましたが
帰れない二人の良さが際立つ感じがしました。
レノン&マッカートニーのように
陽水と清志郎が共作した事も含めてですね。

今回聞いた中では「桜三月散歩道」が
メロディも詩も頭から離れませんでしたね。
漫画家長谷邦夫の一風変わった詩世界が
今聞いても斬新な感じがしました。

付属のDVDは昨年NHKのBSで放送された
ドキュメンタリーですが
録画を逃したので見る事が出来て嬉しかったです。
想像以上に内容が良くびっくりしました。
ネタばれになるので多くは書きませんが
時代背景や陽水のそれまでの歴史
氷の世界ができるまでのここだけの話的な
エピソード&インタビューそして生歌など
盛りだくさんな87分間でした。

テーマ曲を歌っていたのか
ブラタモリ繋がりで久保田祐佳アナの
ナレーションも良かったです。

あかずの踏切からおやすみまで
一気に聞けてしまうのは捨て曲がないからか
さすが100万枚以上売ったアルバムだと思いました。



 







[ 1 - 5 件 / 386 件中 ] 次の5件 >>