うゐのおくやまけふこえて(八雲書道教室)

書道のことを入墨道(じゅぼくどう)ともいいます。 書聖として名高い王羲之が、木に書いた筆力があまりにも深く染み込み、いくら木を削っても墨が消えなかったという故事からきています。 一緒に入墨の道を歩みませんか?
 
2017/03/08 14:35:40|教室通信
3月ですね。
なかなかあたたかくなりませんね。
3月とはいえ、肌寒いような日が続きますね。

つい先日、UPした写真のサイズが
実際には、皆さんが書かれたものを
写したものの方が大きいはずなのに
こうして画面上で見ると
私が書いた2点の作品の写真の方が
大きくなってしまうのですね。
こういうことに疎いので
別にUPすれば良かったと思っているところです。

さてさて、その話はここまでにして
今日は高野山競書大会の話をします。

今年の募集要項は、まだ届いてないのですが
例年通り、先月から練習を開始しました。
そして今年は、新しい試みとして
いつもは教室のレッスン内のみの練習でしたが、
赤羽会館のお部屋をお借りして
一般クラスのみ限定の合同練習会を行います。

いつもは少人数で練習を行なっているので、
複数人での合同練習会となり、
他の人の練習をみることができます。
自分では気がつかないようなことに気付けたり
違った意見が聞けたりして
ひじょうに勉強になると思うのです。

それでは何故、
通常レッスンが少人数なのかといいますと
自分との対話が大事なこともありますし、
何より、私がちゃんと見ていられる人数ということなのですが。

その人がどういう方向を向いて(実質的な向きではなくて)
練習をしているのかをみていたいですし、
書いているところもみていたいですし、
とはいえ、この人は大丈夫と思うとあまりみていなくて、
逆に自由に書いてほしいので…。

今回は、いろいろ思うところがあり、
合同練習会というものをしてみますが、
どういう結果に繋がるのかは
やってみないことには分からないというのが
正直なところです。
でも、皆さんが
やって良かったと思ってもらえたらいいのですが。

長くなってしまいました。
とにかく合同練習会に向けて頑張ります。







2017/03/06 12:56:05|教室通信
これで書き初め作品最後の公開。
とうとう3月になってしまいました。
書き初め作品の公開も
これで最後になります。
一般クラスの皆さんが書かれた
漢字かなまじり作品3点と
私が書いた漢字作品1点と
漢字かなまじり1点も
一緒に公開します。

そして教室では、先月から
高野山競書大会へ向けての練習が
始まりました。
提出は、まだまだ先なので
皆さん頑張りましょう!







2017/02/21 23:49:09|教室通信
書初、第三弾!!
引き続き書き初め作品の公開です。
今回から漢字かなまじり作品も
展示しはじめました。
漢字かなまじり作品を
半切に大きく書いてもらうのが
今回はじめてでしたので
どんな感じになるのかと
期待していましたが、
期待以上の仕上がりになりました。
次回の公開で最後になると思います。
最後には、私が書いたものも
こちらに公開したいと思います。







2017/02/11 9:23:01|教室通信
書初作品、まとめて第二弾。
書き初め作品の第二弾です。
今年は、皆さんに
たくさん書いていただいたので
1週間交代で展示替えをしています。
来週からは
漢字かなまじり作品も展示します。
お楽しみに。







2017/02/03 19:39:10|美術鑑賞の話
美術館巡り日記
つい先日、2月5日まで
山種美術館にて開催している
日本画の教科書 関西編を
観てきました。
とてもとても良かったです。
私の大好きな画家さん達の作品が
たくさん展示されていましたので
まるで楽園にでもいるような
そんな心地がしました。
幸せでした。

中でも、やはりダントツなのは、
栖鳳さんですね。
彼の作品の前では言葉がでません。
言葉なんて意味がなくなります。

それと、私が日本画を好きになる
きっかけになった松園さん。
彼女の作品も、もちろんとても良かったです。

16日からは、
東京編の展示に変わるそうなので
関西編をみたいならお早めに!

写真の和菓子は、
美術館内にあるカフェで食べられます。
こちらのカフェの和菓子は
美術展の内容により変わりますので
そちらも楽しみのひとつです。
お土産に買って帰りました。
至福の一日です。







[ 1 - 5 件 / 624 件中 ] 次の5件 >>